生キャラメル

母が、『一度食べてみたいわ』 と言っていたので
買ってみました。
花畑牧場の生キャラメルpresent

Photo  

プレーン3箱とチョコレート2箱のセットで
送料合せて5,500円くらいです。(注:クール便)

『一度食べてみたかった』 ということで、
追加の要請はなしcoldsweats01
好みの分かれるところですね~cute

 

飲茶&コンサート

今日は生憎のお天気でしたが、
お昼に中華街に行って飲茶を楽しんだあと、
午後はみなとみらいホールにコンサートに行ってきました


お昼の中華街は日曜ということもあって混むことを予想して
お店を決めて席だけ予約を入れてありました。
今日の中華街は冷たい雨降りのせいか、普段の日曜日に比べて
人出は少なかったように思います。予約を入れるほどではなかったかも。

以前知り合いに連れていってもらって美味しかったお店に行きました。
コーンスープに点心4皿とお粥。私の感覚からいうと若干少なめ。
でも同行者はお腹がはちきれそうだったようです。
お粥は少し残してしまいました。ゴメンナサイ(^^ヾ

お店を出てから腹ごなしに少しぶらぶらして、中国茶を買いました。
歩いている内に身体が冷えてきて、早めにみなとみらいへ移動して
お茶を飲もうということになり、地下鉄で移動。

3時から、みなとみらいホールで佐藤しのぶさんの
『出逢いのハーモニー スペシャル 2007』というコンサートを
聴いてきました。

演目は「ローエングリン」序曲、ベートーベンPf.Con.5番「皇帝」、
第2部が、佐藤しのぶさんと錦織健さんのオペラ曲という構成です。

序曲が「さまよえるオランダ人」から「ローエングリン第3幕への序曲」に
変更になっていて少し残念でしたが、こちらの方がポピュラーですし
観客の方たちには良かったと思います。
Pf.Con.のソリストは仲道郁代さん。大好きなピアニストさんです。
とても可憐で綺麗でかわいくて、それが鍵盤を奏でると
とてもダイナミックで驚かされました。
女性らしい柔らかさと大胆さを併せ持つ素晴しい演奏でした。

指揮者はクリスティアン・アルミンクさん。
私は初めてでしたが、エネルギッシュでありながら貴公子然とした
佇まい、素敵でした。う~ん、眼福。
その優し気な外見と情熱的な指揮はとても印象的でした。
(彼は膝の関節がかなり柔らかいとみた!^^;)

第2部のしのぶさんと錦織さんのMCもとても楽しくまた歌も素晴しく
期待以上のコンサートでした。
アンコールの最後の最後は「乾杯の歌」、やはりいいですね!

今回は私の好きなオケの後ろの席での鑑賞でした。
指揮者と対面するこの席が私は大好き。
とても落ち着くのは学生オケ時代の感覚に戻るからかも知れませんね。
レフト後方から見下ろす席だったので、仲道さんの指捌きもしっかり見え
とても感動しました。

至福の時間を過ごさせてもらいました。

ブラボー、ブラヴィー!!
またコンサートに行きたいな!
 
 

最近のお気に入り

突然ですが、私は納豆が好きです。
一時期はほぼ毎日、納豆を食べていました。
手がこんな事になって右手が使えずここ暫く食べていなかったのですが
(納豆はセッティングが面倒)
最近「金のつぶ 梅風味黒酢だれ」にはまって
一生懸命左手で食しています(^^)。

納豆のつぶも美味しいのですが、
何と言ってもタレです、タレ。
梅としその風味でさっぱりしていて本当に美味しいの。
このタレをかけると納豆くささも感じません。
納豆嫌いの方も美味しく食べられるのではないでしょうか。
みなさん騙されたと思って、是非一度お試しくださいませ♪

それからもうひとつ、最近の我家のブームがあります。
それは『四陸(フォールー)』というお店(中華のお惣菜)の
「おつまみ餃子」!

ひと口サイズの小さめな揚げ餃子が
プラスチックの容器いっぱいに入って630円!
これがカリッとしていてとても美味しいんです。
他にも色々なお惣菜を試してみましたが
このおつまみ餃子がピカ一です(*^^*)。
高島屋系や東武等のデパ地下に入っています。
かなりおススめです♪
(大蒜がかなりきついので、その点はご注意のほど☆)

Tateru Yoshino, Park hotel Tokyo

月曜の晩は、汐留パークホテル東京のTateru Yoshinoへ行ってきました。
 (http://www.tateruyoshino.com/top.html
会社の女性4名で、年度末ディナーとでもいいましょうか。
Tateru Yoshino、行ってみたかったお店でした。
堪能してまいりました。

お店の雰囲気、というよりまず、ホテル全体のライティングが
非常に落ちていて、落ち着くというより却って落ち着かなかったです。
明るい時間にもう一度行ってみたいな。
それもお店に入って席に着いてしまうと全く気にならなくなりました。

いただいたお食事はテロワというコースで一番品数が少ないものです。
アミューズ、アントレ、メイン、デザート、コーヒーと小菓子。
ところが、ボリュームがすごい。
帰りには胃が無理やり拡張された様な痛みに。

お食事はどのお皿もとても美しくて芸術的でした。
写真を撮れなかったのが残念です。
ボリュームがあるだけでなく、勿論お味も良かったです。
お値段と採算が取れているのだろうか、なんて
下世話な考えが頭をよぎってしまいました。
それくらいのお料理でした。

レストランに食事に行くと私は接客も気になったりしますが
(みんな気になりますよね)
ここは接客の距離感がとても良かったです。
固すぎず、また踏み込まず。
お店の雰囲気を楽しみながら、お料理を十分に堪能できる
そんな計らいを感じる接客でした。

パークホテル東京は大江戸線汐留駅と直結、
新橋駅からも徒歩5分程度と交通の便もよいロケーションです。
そして、25階のレストランからは夜景が美しかった。

機会があったら、是非足を運んでみてくださいね。

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ぶろぐ友達

りんく

  • From Seasons
    習い事友達でご近所さんのみぽんさんのHP。本や映画等のトピックがいっぱい!