きゃー、わん、お粗相!!

がーん、、、大ショックです、
ラブが、私の布団にお粗相を・・・・crying

チチが廊下の扉をのんびり開け
手がふさがった状態での~~~~んびり
通り抜けようとぼやぼやしている間に(←ひどい言いようsweat02
キャツは私の部屋へと脱走し、
じょーっとお粗相をした。。。

お布団(そろそろ干すかクリーニングに出して
仕舞おうかな・・・と思っていた夏掛け。。)は、
残念ですが、捨てることにしました。
カバーは、しっかり洗いました。。。

いつもは夜、優しく迎えにいって
少し一緒に遊んだりするのですが
今晩は有無を言わさずに連行(coldsweats01)し
クレートへ直行させ、はい、お休み!

こちらの不注意が、この小さな仔には
理解のできないお仕置きを生んでしまいますね。。
私たちも、この仔たちが怒られなければならないようなことを
しないですむように
しっかり気を付けなければ、逆にかわいそうな思いをさせてしまう、、、と
胸がいたくなる出来事でした。

夏のおさんぽは

夏のおさんぽ、時間を誤ると大変なことになります。
こちらも暑いですが、アスファルトが熱くなってしまうと
わんこの足裏にもキケン。

出来るだけ朝、出勤前に行くようにしているのですが
土日は時々寝坊しちゃう。

こちらは心配しているのですが
本犬はどこ吹く風、
ゴハンよりお散歩が好きheart01

Photo

らぶ、5歳。
今日もよく歩きましたscissors

 
明日は、ちゃんと早く起きる・・・ようにがんばります。。。coldsweats01

 

わんこのこと・・・

このブログを最初に始めたとき、
我が家にはレオンというマルチーズがいました。
体重2.7㎏の小さな子でした。

その子は、4年前の秋、
虹の向こうへ帰っていきました。

悲しくて悲しくて仕方なかったそのころ、
母の体調の異変が重なり
家族はみな、大変な思いをしていました。


今、我が家には、ラブ、という名のわんがいます。
家族が反対するなか、私が独断で連れてきた子です。

同じマルチーズだけど、おっきくて、骨太で、
ゴハンを殆ど食べなかったレオンとは対照的な
健康優良児(あ、失礼、もうオジサンでした^^)です。

私たちは、彼に癒されたと思います。

動物たちの純粋で邪気の無い愛情は
人間の痛みや悲しみを溶かしてくれるんだ、って
心底感じて、心から感謝しています。

heart

お久しぶりです

どうも、お久しぶりです。
あまりに久しぶりなため、どうやってブログ書いてたっけ、という状況ですが、、、
ずーっと離れているあいだ、いろいろなことがありまして、、、
・・・というのがふつうなのだと思いますが
実は、ただただ、仕事に追われ、流されている毎日でした。

うーん、こんなことではイカン!自分を顧みて
日々を少しずつでも書き留めていかなくては・・・と思っている今日この頃です。

そんな仕事に追われるなか、夕方携帯がジージー。(滅多にかかってこない携帯です。^^;)
居室を出てかけなおすと、慌て切ったハハの声。

わんこが吐いて、動かなくなった。。。

こちらも慌てました。慌てて、心配で
なんと定時きっかりに会社を出て急いで帰宅。(定時なんて何か月ぶり・・・--;)

家の鍵を開けると、中から「ワンワンワンワン!!!」

え~?

戻してずっと動かなかったのが、夜のゴハンで起きてきて完食、
元気モリモリになったのだそう。。。
あーよかった。(しかし、、、残した仕事の山が心配だ。。)

それにしても、定時退社、、、心の声が言いました。

「やればできるじゃん」 ^^

にゃーは警戒心が強い

先日帰宅途中、夕暮れのなか、バス停からの道を歩いていたときに
それはそれは愛らしい、和ネコの仔猫が道の反対側を
ソロソロと歩いてきました。

もう本当にかわいくて、思わず立ち止まって見つめたら
そのにゃーちゃんは一瞬『ビクッ』とした様子で歩みを止め
怯えた様な様子で壁にはりついて動きだし
しゃー、っと走って逃げてしまいました。

軽く、しょっく。

おねえさん、こわくないよ。。。

でも、怖かったのでしょうね。

日頃警戒心皆無の小型犬(実際は若干デカいが)とばかり接しているので
世のにゃーは警戒心が強く、
誰でもわんでもにゃーでもカラスでも「おともだち!」と走っていく
我が家のわんとは違う生態であることを
あらためて認識いたしましたsmile

ほんっと、かわいかったなぁ。
いいですね、動物の子どもたちcat

 

わん!

我が家のワン、レオン。
今年の誕生日(12月)で12歳になります。

 200611181332001  

もう何代目かのわんですが、
元気にしてくれていて、本当に嬉しいheart01
食事等、食べ物には気をつけて厳しくしていて、
可哀想に思うこともあるけれど、
彼自身の健康のためと思って、家族中で心を鬼にしていますpaper

彼が待っていると思うと、仕事帰りの足取りも早くなり
ふかふかの彼に触れるだけで心身ともに癒されますconfident

人間で言ったらもう還暦もとうに過ぎたおじいちゃんですが
もっともっと、長生きしてねshine

 

わん

我が家のワンは今年12才になるマルチーズです。
人間の年齢で言えば還暦を過ぎてa few years といったところ。

出来るだけ元気に長生きして欲しいと
最近は特に思う様になりました。
何しろおじいちゃん犬ですから。
食生活、運動、気になります。

動物を飼うと、とても癒されるし、
愛おしい思いや沢山の感動、喜びがありますが
反面、どうしても、私たちよりも先に旅立ってしまうという
悲しい別れの運命が横たわっています。

家族の一員として、出来る限りのケアをして
与えうる限りの愛情を注ぎたいと思う毎日です。

Photo

 

獣医さん

今日はわんを獣医さんのところに連れて行ってきました。
定期的な健康診断と、お薬、目薬をいただきに。
この動物病院は自宅の駅から3つ先の駅にあるのですが
生後3ヶ月で我家にやってきたときから、
ずと同じ病院で診てもらっています。

動物病院としては大きめな病院で、お医者様も沢山いるのですが
何も言わないと毎回違う先生になってしまいます。
なので、いつも同じ先生を指名で診て頂いています。

インターンも含めて先生の入れ替わりは結構多くて
最初に診ていただいていた先生は1年ちょっとでいらっしゃらなくなり
それから暫くは色々な先生になりました。
先生を指名できるようになってから2年くらいお願いしていた先生も
昨年郷里の九州に帰られてしまいました。

今の先生とはそれ以降、1年弱のお付合いです。
とてもとても優しい男性の先生です。
腕や手は傷痕だらけ。治って痣になっているものもあれば
赤黒くみみず腫れになっている生々しいものまで・・・
本当に動物が好きでなければ出来ない職業なのだと
しみじみ思います。

とても良い先生で安心してお任せしていますが
またいつかこの先生もいらっしゃらなくなってしまうのかなぁと
少し心配。。。

200611181332001

とりあえず元気でいて欲しいと思っています。

わん、抜糸☆

先日のしこりの切除手術から10日あまり、
わんは今日抜糸してもらいました。

エリザベスカラー、外せる日を心待ちにしている本犬(多分^^;)と飼い主。
しかしながら、これから数日間は抜糸跡がかゆくなってしまい
舐めてしまう可能性が高いため、カラーから解放されるのは
まだまだ先の事の様です。

20060812_1906_000_3   

お気の毒。。。
ごめんね、わん。

わん受難の日☆

今日はわんが手術を受けました。

先週定期健診で(肝臓の数値がよろしくなくて毎月通ってます)
ちょっとしたしこりが見つかり、簡単な検査をしてもらったところ
線腫が検出されてしまったんです。
しこりが小さかったため、組織検査の為に組織を切り取るというより
しこり自体を除去してしまった方がいいと言われ、今日切除手術しました。

検査の為に組織を切り取るにも全身麻酔が必要で
しこりの大きさと検査のため必要な組織の大きさがさほど変わらないため
小さな身体に2度も負担をかけるより一度に切除してしまった方が
本犬のためにも良いだろうという医師の判断です。勿論私たちも賛成。

昨日の晩から食事と水の摂取が出来ず、かなり辛かった様です。
ナゼごはんもお水ももらえないのか、本犬には分かりませんものね。。

わんを朝イチで病院に置いてきて、こちらもぐったり。
お昼を食べてゴロンとしていたら突然の雷鳴!!
ひゃー、と慌てて洗濯物を取り入れ再びゴロンとしていたら
今度は電話が。
切除手術の為に毛を刈ったところ、もう一つしこりが有ったそうです。
「こちらも一緒に切除したいのですが、良いでしょうか」と
確認を取る為お医者様からの電話でした。
勿論お願いし、早期に発見できてよかったと思いました。。

雷鳴は何時間も続き、ガラゴロ、バシッ、ビシッと
「あれは何処かに落ちたよね~」と母と囁き合いつつ
結局ゴロンとまた寝てしまいました。

夕方迎えに行くと首にカラーをつけられて縫合跡も痛々しく
珍しくご機嫌ナナメなわんがいました。

20060812_1856_000

このカラー、傷口を舐めない為につけていますが、かなり不便。
細い椅子の間をいつもの様に通り抜けようとしては、ゴンッ。
ソファに飛び乗ろうとして引っ掛かっては、ゴンッ。
ゴハンを器から食べようとしてもカラーで食べられず。
(手であげてます・・)

20060812_1858_000

舐め癖があるため、抜糸の日まで外す事はできません。
お気の毒度120%です。
私たち飼い主も彼があっちこっちでひっかかったり
痛い思いをしないよう、24時間体制で厳戒警備中です。(^^)

より以前の記事一覧

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ぶろぐ友達

りんく

  • From Seasons
    習い事友達でご近所さんのみぽんさんのHP。本や映画等のトピックがいっぱい!